ニキビが出来る原因とケアと対策

昔から法令線の上と顎のあたりにニキビができやすい体質です。http://www.precirieg.net/

ニキビや肌荒れをするとすぐに調べて原因を突き止めるところから始めます。

顎に出来るニキビは生理前に出来ることが多いので、ホルモンバランスの影響であるということが分かりました。

ただ法令線上に出来るニキビの根本的な原因は、調べただけでは分かりませんでした。

大人になってから出来る外からのケアは、皮脂を取り除くケアよりも優しく洗顔をすることといつも以上に優しくスキンケアをしてしっかり保湿することが大切だと聞いたことがあります。

出来るだけ肌に負担がかからないように、あまり栄養を与えすぎずシンプルなスキンケアをするように心がけています。

ホルモンの影響で出来るニキビに関しては、毎月必ずと言っていいほど出来てしまうのであまり気にしすぎないということも大事なポイントだと思います。

そうして、体の内側からのケアも外側からのケア以上に普段から大切だと思います。

普段からビタミンや水分などをたくさん取るようにして、睡眠時間もたくさん取るようにしました。

これだけでも、ニキビが出来た時の治り方がだいぶ早まった気がします。

改めて、外側からのケアのみでなく内側からの日々のケアの大切さを実感しました。

まだまだこれからも、自分に合った普段からの美肌ルーティンを模索中です。

ケトジェニックダイエット

半年で98キロから72キロにダイエット成功しました。http://airportconference.org/

ダイエットといえば脂質をなるべく取らないローファットダイエット、カロリー制限ダイエットしか知らず何度か挑戦しました。

しかし8キロ程度痩せたところで挫折、リバウンドを繰り返していました。

食事制限のストレスからある日にキレ食い。ドカ食いをしてしまいそこからやる気がなくなってしまう事がほとんどでした。

ある日YouTubeで某スポーツジムの減量法、食事内容の紹介がされていました。

そこでは肉を美味しそうに食べていました。

お酒も飲めるとの事で、1度実験的に初めてみようと思い本屋さんに直行し色々調べました。

油を沢山とって糖質を限りなく0に近付ける方法です。そこで初めてケトジェニックダイエットというのだと知り本の通りに実戦。

人によっては油を沢山とるため胃もたれやお腹を下したり便秘になったりとデメリットもあるとの事でしたが私の場合は一切なく空腹間も少なくキレ食いなど起こす事はありませんでした。ダイエット開始の1週間は糖質であるご飯や麺類、甘いお菓子など食べたくなりコンビニやスーパーの甘い物コーナーからなかなか離れられないという事がありましたが、

1週間ぐらい経つとその発作的な糖質の禁断症状がなくなり、特に体を動かさず食事制限(食事制限というより食べる物を選ぶ)だけで98キロから72キロまで落とす事が出来ました。

ニキビに悩む乙女は戦う!

19歳、女。私の顔には年中ニキビちゃんが存在します。

中学生の頃からポツポツと真っ赤なニキビ、時には白ニキビかできては消え、消えてはできる。特に中学生の頃は恥ずかしくてずっとマスクを着用し続け、そしてマスクの蒸れでニキビが増え続けるという悲惨な状態でした。「なんで周りの子は肌が綺麗なのに…。家族みんなは肌が綺麗だから遺伝は関係なさそうなのに何故私だけ…」ずっと悩んでいます。中学生や高校生の頃は、鏡を見るたびに自信をなくし、泣くこともありました。

ビハキュアを使う効果!

スキンケアには力を入れているつもりで、値段が高いものや、ノンコメドジェニックのものを使用してみたり、また皮膚科に行ったこともあります。大きなニキビは出来にくくなってきたものの、小さなニキビやニキビ痕が消えません。

肌が綺麗な人の真似をしようと思い、友人たちにどんなケアをしているのか聞いてみたところ、特に気にしてスキンケアしていないと言われました。化粧水だけという人もいるくらい、みんな凄くシンプルなケアだけでした。私自身、化粧水や美容液、保湿クリーム、パックなど肌に重ねすぎていたので、化粧水と保湿クリームだけというようなシンプルなスキンケアは、肌が本来持っている再生能力を活かすのに適しているのかなと思います。今後は肌が乾燥しない程度に、シンプルにしてみようと思います。

また、ストレスばかり感じていても、肌にも影響って出そうですよね。ストレスフリーな生活を目指しつつ、自分自身を大切にしていきましょうね。ニキビという大敵が存在する限り、自信を持つことが難しいかもしれませんが、私はニキビに絶対勝って赤ちゃんの頃のような綺麗な肌を取り戻します!肌に悩んでいる方たちも、負けずに一緒にケアを頑張りましょうね!

十人十色!私たちのバストの悩みt徹底解剖!

メイクや髪形、ファッションなど、もっときれいに、もっと可愛くなりたい!と日々努力されている女性も多いはず。
向上心を持って頑張る女性は素敵ですよね。

そんな女性たちにとって、最大の悩みの一つが、体形についての悩みではないでしょうか。
中でもバストに関するお悩みは、女性なら誰しもが抱えているものかと思います。

モテアンジュ

【バストのお悩み】
かく言うわたしも、自分のバストに悩んでいるひとりです。
ここで、女性の皆さんが自分のバストについてどのような点で悩んでいるのか調査してみました。

【自分のバストのどこが気になる?】
・大きさ(サイズが小さい/大きすぎる)
・谷間がほしい
・左右のバランスが悪い
・両胸が離れてるのが気になる
・胸が小さくて胸元が開いた服が似合わない
・胸が大きすぎてそこばかり注目されて恥ずかしい
・胸がたれる
・自分に合ったブラが見つからない

調べてみてわかったのは、多くの女性が「バストの大きさ」に悩んでいることでした。中には、うんうん!と頷けるものも多くありました。
それでは、どうすればお悩みを解消して、自分のバストを好きになれるのでしょうか。

【バストのお悩み解決法】
〇自分に合うブラをつける
毎日着けるブラジャーを、本当に自分に合ったものに変えるだけでも様々な効果が期待できます!
小さいサイズのものや、盛りブラなど、バストを圧迫するものではなく、サポートしてくれるブラを選びましょう。そうすることでサイズアップや、きれいな形にキープすることが可能です。

〇美しい姿勢を心掛ける
いわゆる猫背のような姿勢で過ごすと、バストまわりの血行が悪くなってしまうそうです。奇麗な姿勢を意識して過ごしましょう。見た目の印象も凛として、女性らしさもアップするので一石二鳥ですよ!

〇ありのままを受け入れよう
バストサイズや見た目が気になるのって、結局は周囲からの目や意見を気にしているということだと思います。人は十人十色、それぞれに唯一無二の魅力があるものです。バスとも、色んな大きさ、形、美しさがあっていいはず!
与えられた自分のバストを、そのまんま愛してあげることが、一番大切なのかも知れません。

いかがでしたか?
気にすれば気にするほどたくさん出てくるバストのお悩み。
しかし、視点を変えてみたり、毎日少し工夫を凝らすことで、案外すぐに解決できる悩みも多いかも知れません。
皆さんが自分のバストに自信をもって過ごせることを願っております。

30代にはもう遅い?20代男性からのお肌ケア

30代も後半になるとよくあるのが、鏡で自分の顔をみると「あれ?こんなところにシミなんてあったっけ?」とか「笑いシワがとれないな…違う!これシワじゃん!」ってことがよくあります。

http://velikirat.com/

多くの男性はそこから始めるのですが、私のアドバイスとしては20代前半から、簡単でいいので、お肌のケアをしておくことです。
これは私の経験でもありますが、私は他の男性より若く見られます。それは肌だと思います。肌きれいですねと何回か言われたことがあります。それぐらい肌のケアって大切なんです。

やることは簡単です。まずはドラッグストアに走りましょう!一番安い化粧水、乳液、クリームを購入しましょう。そして洗顔はなんでもいいですが、泡立てるためのネットを必ず購入しましょう。
そして必ず泡立てて、ゴシゴシ洗うのではなく、肌をなでるように洗い、ぬるま湯で洗い流します。

その後、化粧水、乳液、クリームを塗ればOです。
これだけで、何年か後に確実に差がでます。男性は多少のシワやシミは貫禄になりますが、あまりに多いと老けて見られてしまいます。
朝と夜だけでもいいので、ぜひお肌のケアをやってみましょう。マイナス5歳は確実に若く見られます。それだけでも若い女性からもモテるかも?

私の口臭対策について

この一年の間で朝から帰宅までほぼ毎日マスクをして過ごしているため、今までのマスクをしていない生活と違い自分の息がマスクの中にこもりその口臭のひどさに悩む時が多々ありました。最初に自分の口臭について意識したのは昼食後に再びマスクをつけた時でした。

ブレスマイルクリア

食後にマスクをつけて、家族と会話をした時に〝あれっ〟と思ったのがきっかけで、今までは朝食・夕食後には必ず磨きフロスもしていましたが昼食後に歯を磨くことが少なかったのでその時を境に場所にもよりますがマイ歯ブラシセットを持ち歩き出来るだけ歯磨きすることを心がけるようになりました。後、出かける際にはワンプッシュでできるお口の臭い消しも常時持ち歩き、適度なタイミングで使用するようにもなりました。

ちょっとのことですが気にかけるようになるとマスクの中にこもった口臭もさほど気にならなくなりました。それでも臭いは目に見えるものではないので歯磨き粉は今まで使用していたものを止めて、少し香りが強い商品を選び使用しています。後、私の場合は朝の起きがけの口臭もひどい時があるので、そのような日が何日か続いた時は前の晩の献立を見直して味の濃い料理を食べないようにしてみたり、就寝前のお菓子を止めてみたり就寝時間を普段より早めにしてみるなどの生活の見直しをする時もあります。どれが効果があるのかわからないのですが、そのようにすると朝の口臭が気にならなくなります。

服に汗ジミができる悩みを解消

汗をよくかいてしまっていて、ふとした時に意外と体から出た服にしみるようにしてついてしまった汗ジミが気になるようになっていました。汗が気になるのはそれぞれさまざまな時、意外と服をきていないときにも、同じようにして汗がついてしまう。服の種類なども関係あると思いますが。着ているものによってはかなり目立たないことも。

プルーストクリーム

それぞれ、汗をかく原因として、さまざま普段の様子から気にすることがあると思いました。何かと普段から気にすることが多い汗ジミ、服の種類などを変えてみて、汗が気になるようなら変えてみたりしていました。冬などにかいてしまう汗には、なかなか悩みが多いことがありました。服の趣味がいがいとあつめということで、汗が気になるということが。

意外と普段から服を選んできめていることがあったので、そうした時に意外と汗じみがつきやすい感じになっているのではないかとおもっていました。さまざま食生活のなかでも、日常のさまざまな時にも関係がある汗のかきかた、なかなかなおりにくい時にまわりのものをかえてみたりして、体にたまりやすい熱など避けるようにして、体から出る服につきやすい汗をかかないようにと日ごろから気をつけてみるようにしていました。