【体験談】食べるのを我慢せず、ダイエットに成功!1か月で3kg減

「段々痩せにくい体質になってきた」「お肉よりお魚を選ぶことが多くなった」「前日の飲み会の疲れが翌日に響く」等、
20代後半から体に関する悩みが多くなったきたため、ダイエット活動を始めることにしました!

http://www.smeg50factory.com/

実際に私が行ったダイエット法は、下記たったの2つだけ☆☆
①1日3食きちんと食べる ※後程、食材や調理法なども書きます。
②朝と夜にストレッチ (時々スイミング、時々ウォーキング)

ではまず、①について。
外食を控え、なるべく自炊を心がけました。仕事上、接待などでやむを得ない場合もありますが、食べすぎた夜の次の日こそ、朝食を抜かずに食べる方が私には合っていました。
主に鶏肉、卵、豆腐、青物野菜を中心に薄味、スープなどにして食べていました。炭水化物はダイエットの敵ともいわれますが、ある程度は摂取しないと
逆に体が疲れてしまうことがあったため、お昼ごはんにはお米をよく噛んで食べるようにしています。満腹中枢が刺激されます!
間食は、カカオ成分が高いチョコレートやナッツ類、チーズを摂るようにしています。空腹は紛れますし、「食べること」を我慢しなくて良いです。

次に②の運動量についてです。
朝はラジオ体操並みに、体を動かし、脳を起こすために行っていました。
夜はお風呂前後に仰向けになって、体を開いたり縮めたりというポーズ(ずいぶん前にヨガに通っていたので、見様見真似)をし、心身ともにリラックスできる環境を作っています。
そして無理ない程度に30分程度のウォーキングや休日には1時間程度の水泳に通いました。泳ぐだけではなく、後ろ歩きや横歩きなど出来るだけ普段使わない筋肉を動かすように意識しました。

上記の2点を守ることで、1か月で3kg体重が落ちました!!!
変化を見るためにも、朝起きた時に体重を図ってカレンダーに書き込んでいくとモチベーションも上がりますよ。
皆様の参考になれば幸いです。私も継続して続けていきたいと思っています。

毛量が多く、太く、直毛は大変

私の髪はかなり毛量が多い且つ太く直毛です。
毛量が多いことに関して友人や知人から
『ハゲないからいいじゃん』
『少ないより多い方が絶対いい』など言われますが
多い方がいいにも限度があります。

Fasa(ファーサ)育毛剤

私は月に一度程度美容室にてお気に入りの髪型に
カットしてもらうのですが毎回美容師の方に
髪多いねと言われます。
それもそのはず、私は髪を切って一週間後には
もう毛量が増えて膨らんでしまい、髪型が崩れてしまいます。

それに加えて私の髪は太くてかなりの直毛です。
こちらも毛量と同様に友人や知人からストレートパーマを
かける必要がない為羨ましいなどと言われますが
私は少し癖毛の方が羨ましいです。
 
仮にパーマをかけても一週間で取れてしまい
元の真っ直ぐな髪に戻ってしまいます。
髪を切らにしてもできる髪型が限られてしまいます。
前髪をあまり短く切りすぎると前髪が降りない為
ドラえもんのスネオ君のように前髪が顔に対して垂直に伸びてしまいます。
また、ツーブロックの髪型にしたくても刈り上げたもみあげに
被せる髪が直毛のためうまくかぶさらず辺な髪型になってしまいます。

このようなことから皆さんが羨ましいとおもっている。
毛量が多いこと、髪が太くて直毛なことにも限度があると思います。

筋トレを行う上で大事なこととは?

これからの時期身体を絞り上げたにプロポーションが良い身体を作りたいと思っている方もきっと多いことでしょう。こんな時に筋トレを行うことがとても大事であり、行った方が良い事は筋トレであると言えますが、筋トレを行う上でいくつか注意しなければならないポイントと言うものがあります。

http://www.libreriaalbareda.com/

せっかく筋トレを行っていてもその筋トレの効果が半減してしまったり無駄になってしまうことがありますので、今回は筋トレを行う上で大事なこととはどのようなことなのかと言うことについて考えていきましょう。

行う筋トレの方法によりますが、筋肥大を行うような筋トレを行う際には必ずと言って良いほど筋肉痛が発生します。筋肉痛がある中でむやみやたらに筋トレを行ってしまうとより多くの筋繊維を損傷させてしまったり、体調が悪くなってしまう可能性もありますので休息を設けるなどを行いながら筋トレを行いましょう。

またそれほどまでに高強度の筋トレでなければ無理せずに続けていくことが好ましいと言えます。また筋肉の元であるタンパク質を筋トレ後に摂取しなければ効率の良い筋肉がつかないところが逆に筋肉がエネルギーとして消費されてしまって減ってしまう可能性があると言われていますので、筋トレの後はプロテインやタンパク質を含む食品を摂ってしっかりと筋肉を作り上げるようにしていくことが大事です。