いろいろと出てきだした20代後半。

急に、なにやら肌に今までなかったものが現れ始めました。20代前半の肌悩みと言ったら、吹き出物程度でした。20代後半になってから、ここまでガラリと肌が変わるとは。老化って怖い。何が現れだしたかというと、見たこともんかった、シミにしわ。ヴィオテラスCセラム

え、ここにシミ出来てる。ほうれい線くっきりわかる。目の下のこの線何。といった感じで気に出したら、出てくる出てくる。そのうえ、いまだに出来る吹き出物。ただ単に、老化だけではないのかもしれない。自分のこの肌悩み解決のために、生活やスキンケアを見直すことにしました。

まず、以前からあった吹き出物。顔の汚れをしっかり落とすことが先決だそう。今まで適当に、クレンジング洗顔していたことを反省しました。化粧を落とさないで寝ることがあったことは、恥ずかしくて言えません。そして、シミ。しっかりとした紫外線対策が鍵となるそうなので、今から毎日、日焼け止めを塗ることにしました。

これ以上シミを増やさないよう徹底しなくてはなりません。しわも紫外線が原因になるそうです。こちらも日焼け止めで対策します。

そして、乾燥も原因の一つだそうです。しっかりと保湿をします。こちらも適当にしてはいけません。これから化粧水、美容液、乳液、クリームと肌をいたわってあげます。これ以上ひどくならないよう、頑張ります。

35歳すぎたら色々と大変だ

35歳を過ぎたころから、色々と不調を感じ老化を感じるようになってきました!!

髪の毛は白髪が数本あり気になったら根元まで切るって感じだったんですが、わたしの髪は黒々しいので、少し明るい色に染めて白髪を目立たなくしていました。

ニューモ育毛剤の効果と本音口コミ!届いた様子から解約方法までを徹底レビュー!

それが最近、37歳をすぎて髪をシャンプーするたびに沢山の抜け毛が気になるようになり、子供を出産して母乳をあげていたら髪の毛がよく抜けるから仕方ないのかなと思っていたけれど、毎日沢山髪の毛が抜けるのをみていたら怖くなりました。

ネットで調べたり、いい情報はないかとアンテナをはっていると、「湯シャン」がいいという情報をキャッチしました。シャンプーを使わないのは抵抗があるので、休みの前の日に湯シャンをやってみました。

シャンプー使っていないと痒みが出てくるかと思いましたが、そんな事もなくシャンプーした時とあまり変わらなかったです。湯シャンをする事によって、普段のシャンプーの後もよくすすぐようになり、抜け毛が少しだけ減ったように思います。

白髪も最近前よりも多くなり、目立ってきたので、シャンプーの後にする白髪を目立たなくするトリートメントみたいなのをしようかと今思っています。

若い時って何も気にしていなかったけど、これからどんどん歳を取るので色んな事に気をつけていかないといけないなと思いました。

Max:53〜54kg→40〜41kgに!

私は元々身長150cm前後、体重34kgと痩せ型でした(中2)。

でも、ポテトチップスやスイーツを食べてはパソコンと睨めっこするような生活を送ること約3年。

高校2年生の4月にはなんと……!効果あり?痩せた?ゼロキャロの感想とリアルな口コミを辛口評価でお届けします!
“53kgを超えていた”のです!(身長153cm)

中学2年生の途中から太っていっているのは分かっていましたが、現実から目を背け続けた結果がこれです。

当時、170cmの同じクラスの女の子よりも重い体重に、流石の私も「マズい……!」とダイエットのスイッチが入りました。

そこからは定番の”食事制限”から始めました。

まずは夜ご飯を抜く日を作る、それが始まりでした。

カロリー制限も同時に行なっており、糖質を過剰摂取していた私にはすぐ結果が現れました。

そして半年で約7kg減(53kg→46kg)になり、”ダイエット=食べない”と”勘違い”していた私は負のループに陥ることになります。

食べることへの恐怖、水分を摂ることへの恐怖が出始め、体重0.1kgの増加さえ怖くなっていったのです。

そして訪れたのは糖質への執着でした。

過食症、とまではいかないかもしれませんが、アイスを食べ始めると3本+ポテトチップス1袋+αを食べたり、お腹がはち切れそうになっても4人前のお肉をパックが空になるまで無理矢理食べることも出てきました。

そこで3kgほどリバウンドし、49kgくらいになりました。

それからも食事制限+ランニングで痩せる→リバウンドを何度か繰り返しながら、”食事管理”、”バランスよく食べる”という方法に行き着きました。

そこからは”タンパク質を意識”するようになり、体重も半年以上かけて41kg前後まで落とすことができたのです!

今現在はストレッチや食事制限ではなく”食事管理”でキープしています。

《今からできる食事管理法》

□タンパク質(肉・卵・魚・豆類・乳製品など)を積極的に摂る

□水分をたくさん摂る(1L以上)

□野菜・汁物→タンパク質→炭水化物の順で食べる

□座っている時、立っている時は背筋を伸ばす

□よく噛むことを意識する

□コロッケなどの、糖質×脂質の組み合わせはおかずと見なさない(主食のお米と同じ扱い)

⇒コロッケを食べるのなら、白米やパンなどの炭水化物はやめておく

※チキンカツなど、タンパク質メインの揚げ物なら、多少のお米はOK(ただし少なめに)

以上が私の意識していることです。

スイーツは高頻度で食べています(2日に1回)が、リバウンドもしていません。

“食べるからこそ痩せる”

まずは自分にできることを1つ、取り入れてみるといいかもしれません♪

光に当たるとデコボコなお肌

最近、不摂生のせいかお肌がデコボコに。シロジャムは安全?

ニキビまではいかないような、色も付いていない吹き出物なのだけれど、光に当たるとお肌が荒れているのが分かってしまって恥ずかしいです。

額が特にひどくて、触るとざらざら・ぷつぷつしています。そのせいで化粧のりも悪くて、毎日が憂鬱です。

毛穴の詰まりが原因なのかしら?ちゃんと洗っているのだけれど、どうしてなってしまうんだろう。毛穴が原因なら、お顔の脱毛も考えたほうがいいのかもしれない。

気付けば背中やデコルテラインもそんな感じでぷつぷつとしていて、絶対に触られたくない感じ。

遠目から見れば気が付かないような色のない吹き出物なのだけれど、化粧のりが悪いと隠せもしないし、何だかお肌がガビガビに。

もしかしたら、前にやっていた毛穴パックが原因なのかも。小鼻のパックみたいに、吸着させて乾燥させて無理に毛穴汚れを剥がすタイプのパックなのだけれど、成果が目に見えるのと、やった直後は良い感じのお肌になれるから、肌に悪いと後に知ってもついついやめられなくて。

もうすぐ夏も近いし、早くきれいなお肌になりたい。きっと自分で痛ませてしまったであろうこのお肌、ちゃんと治ってくれるのかしら。

私はフェイスラインのたるみで悩んでいます

私は40代を過ぎた頃から、頬やあごのラインにたるみが出てきたので悩んでいます。たるみが目立たない同年齢の人に比べると、老けて見えるのが気になっています。美容外科のたるみ治療は、高額な費用が必要になるため、現実的ではありません。http://restaurantemanodesanto.com/

皮膚が乾燥するとたるみの原因になるため、保湿効果の高いローションや美容液、クリームなどを使用しています。美容雑誌や動画などを参考にしながら、フェイスマッサージも行っています。指に力を入れないように気を配っています。

化粧品やマッサージだけでは、十分な効果を得るのは難しいです。口コミなどで評価の高い家庭用美顔器を購入することにしました。専用のジェルなどは購入する必要がありますが、本体価格がリーズナブルな商品を選んでいます。ある程度の初期費用は必要ですが、美容外科に通うよりは費用を抑えることが出来ます。

入浴後などの清潔になったお肌に、8分から10分程度家庭用美顔器を使ってお手入れをしています。根気よく続けていると、フェイスラインが引き締まってきました。お肌の調子も良くなってきたので、これからも続けたいです。クレンジングや洗顔をする時は、摩擦がたるみの原因になるので、優しく丁寧に行っています。

ひどいことを言った人の悪口を書いてます

いけないことだとは思いますが、掲示板で嫌いな人の悪口を書いて叩いています。

本当にそんなことをするのは罪なことだと思います。

でもストレスを発散するには最適なのです。CBDMAX

ちなみに他の人の悪口は書いていません。

私が書いているのて一人だけの悪口です。

なぜその人の悪口ばかりを書いて叩くのかというと、過去にひどいことを言われたからです。

今まで仲良くしていたのに「死ね」と言われたんです。

そんなことを言われてしまったら凄く気分が悪いに決まっていますよね。

凄く性格の悪い人なので他にも嫌っている人がいるみたいで、掲示板で炎上しています。

過去に何度も叩かれていました。

私は今までは見てるだけだったのですが、ストレス解消にもなるし掲示板に書き込みしています。

今も書いてきましたが、既に共感出来る書き込みがありました。

その人は自分の職場を実名でSNSに書いたりするような非常識な人なのです。

自分だって実名で職場の悪口を書いているのだから、掲示板で叩かれても文句は言えないでしょう。

職場の悪口は書くのに自分が叩かれるのは嫌だなんてことになったらおかしいと思います。

これからも時々この人の悪口を書いてストレスを発散させたいですね。

年を取ると、美人かよりも、色白かが大事なのです。

去年、高校の同窓会に参加した私は、重大な事実に気づいてしまいました。

それは、加齢女性にとっての美の基準は、若い頃とは変わるのだということなのでした。

http://www.prestigeresortphangan.com/

学年で、男子に人気のあった女子たちっていますよね。

性格がずば抜けて良いとか、運動神経が優れているとかいう要素と共に、

いつの時代も人気女子に共通のモテ要素。

それは、美人であるということです。

しかーし!

同窓生に、人によっては四半世紀強ぶりに再会をして実感をしたのは、

アラフィフともなると、美の基準は、“美”よりも“白”が圧倒的な強さを発揮するということなのでした。

そして、“白”を獲得している女性たちには、おしなべて、“シワ”も、極端に少ないという驚愕の事実まで、この目で確認してしまいました!

昔、可憐だったあの女子は、アラフィフを迎えて、ごく普通の、“とても感じの良い人”、になっていました。

すみません、私のことは、この際、脇に置かせてください。

だって、私の外見は、

とても感じのよい人、

にも、及んでいない感じなのです。

なぜなら、私の学生時代のあだ名は

“インド人”。

・・・

(若さって、残酷ですよね、ときに。)

ですから、私のことをちょっと脇に置きますと、

そういったかつてのモテ女子に変わって、アラフィフモテ女子として台頭してきていたのが、

新基準“白”を持った女子たちだったのでした。

男子たちはそんな美の新基準を持った女子たちに、揃って、

「お前、奇跡のアラフィフに変身したなー!」

と、ご満悦の様でした。

“色白は百難を隠す”という昔からのフレーズは知っていましたが、

今後の努力次第では、インド人の私も、“白”なる“美”の新基準を持った女子に果たしてなれるものなのでしょうか。

乾燥肌は肌が弱いのは大変!~悩みがたくさん

本記事はお肌の悩みについて書いていきます。

お肌の悩みと言ってもいろいろな悩みがあると思います。

しみ、たるみ、ニキビ、くまなどさまざまです。

ヴィオテラスCセラムの衝撃的な口コミ

今回私が話すのは乾燥肌です。

私は20代の男性なのですが、幼い頃からずっと乾燥肌で悩んでいました。

特に冬の感想は地獄です。

何もしないと乾燥して肌が本当にきつかったです。

なので対策として当時中学生くらいの時は加湿器をマックスで寝るときにつけて寝ていました。

その結果朝起きると水浸しみたいなことも度々でした。

そんなになるならしなくてもいいんじゃないの・・・?

と、考える人もいるかもしれませんが、当時の私はそれほど乾燥に苦しんでいたのです。

では、今現在の私は昔と何が変わったかと言いますと、化粧水と乳液を使用するようにしています。

今までお風呂上り、寝る前に特に何もしていなかったのですが、これをするようになってから乾燥肌の苦痛がぐっと減りました。

当時の印象ですが、化粧水、乳液は男性はあんまりやっていないのかな、と思っていました。

実際はそんなことなく、男女関係なく使っていることを知り合いに教えてもらい使ってみるとすごく助かりました。

今ではそれら二つは勿論、顔パックもたまに使用します。

もし、乾燥肌で悩んでいる人で特に何もしていない人はとてもオススメなので試してみてください!