階段から滑り落ちたことをきっかけにして、運動することになった

寒さが厳しい冬の日は、家の中でコタツにでも入って、熱いコーヒーを片手に、クラシックでも聴きながら、読書などの趣味に没頭する、と言うのが私のお気に入りの過ごし方です。

キラリ麹の炭クレンズ生酵素を飲んだ口コミを暴露!3ヶ月間の効果を徹底レポート!

お気に入りの過ごし方により、体を動かさなくなってしまい、ある時大変なことが起こりました。それは、階段で足を滑らせて転倒して、腰と左手首を強打。

打った瞬間呼吸ができない・・。しかも家には私一人脂汗をかきながら、起き上がって「ああああ・・・普段運動してない罰だ。」と絶叫。左手首の腫れがひどく、苦悶の表情で仕事を頑張った。炭水化物が好きで、生卵があればいくらでも食べれました。

しかし、今回のことで、猛反省して、ご飯の量を減らして野菜を多めに食べるようにした。

病院では「たった一つの命なんですから、もっと大事にしてください。」と言われた。

それから、数か月体重は減ってはいないが、ウォーキングやストレッチをこつこつやっています。健康診断で筋肉量が増えていると言われて嬉しかったです。これからも継続して頑張ります。

食生活もEPA・DHAが豊富に含まれているサバを積極的に食べています。あとは豆乳、納豆、トマトジュースなど健康によい食品を摂っています。

コタツに入ってコーヒーもいいのですが、寒いからと言って体を動かさないと大変なことになるので、寒さに負けずに頑張ります。

十分な効果が期待できると言われているプールでダイエット

よく「よい」と聞くプールでのダイエットに私が行っているのは、スポーツジムではなく、荒川区のスポーツセンターです。 好きな日時に行けますが、子どもたちで混雑する夏休みに入る前によく行きます。

効果あり?極み菌活生サプリを購入して3ヶ月使用した私の口コミ体験談を暴露!

泳ぐためではなく、ダイエットを目的に水の抵抗があるプールの中を歩くだけでも、通常のウォーキングに比べ多くの筋力を使ううえ、カロリーも消費します。 歩くだけでカロリーが消費するのは泳げない方に嬉しいですが、水の抵抗がある分、けがの発生リスクが高まるため、要注意です。

また、体全体を使って泳ぐと、より多くのカロリーを消費できます。

重力が緩和される水の中では、体全体を使っても負担が少なく、無理なく続けられ、同じ時間ジョギングをやっても、クロールのほうが約2倍のカロリーを消費します。

しかし、クロールよりもっとカロリーを消費してくれるのが、約30分で250calほど消費する平泳ぎです。 平泳ぎが苦手な方や泳げない方は、自分ができる30分以上の泳ぎや、歩きを行いましょう。 ただし、自分の体力に合わせ休憩しながら、できる範囲でダイエットに取り組みましょう。

ダイエットの中でも、ポッコリしたおなかにより効果的な方法が水中ウォーキングです。

かなり抵抗を受け、なかなか歩けない水中を歩くために必要なのが、踏ん張ることと腹筋です。 水中を歩けば歩くほど、どんどん腹筋が使われ、ポッコリおなかが鍛えられ痩せてへこんでいきます。 さらに、ポッコリおなかの解消に必要なインナーマッスルも鍛えられるため、脂肪も燃焼しやすいです。

プールで歩くこと、泳ぐことを続けていると、基礎代謝の向上や、体幹が鍛えられるうえ、血流が改善され肩こりが解消するなど、ダイエットのほかにも効果が得られます。

しかし、泳ぎによって多くのカロリーを消費しても、より多くのカロリーを摂取すればダイエットできないため、摂取カロリーをしっかり管理することが成功するポイントです。

消費カロリーが多ければ多いほど、疲労が増し、苦痛になると続かないため、自分ができるほどほどの範囲を見極めることが継続するポイントです。 成果を焦らず、自分のペースでダイエットに取り組みましょう。

Max:53〜54kg→40〜41kgに!

私は元々身長150cm前後、体重34kgと痩せ型でした(中2)。

でも、ポテトチップスやスイーツを食べてはパソコンと睨めっこするような生活を送ること約3年。

高校2年生の4月にはなんと……!効果あり?痩せた?ゼロキャロの感想とリアルな口コミを辛口評価でお届けします!
“53kgを超えていた”のです!(身長153cm)

中学2年生の途中から太っていっているのは分かっていましたが、現実から目を背け続けた結果がこれです。

当時、170cmの同じクラスの女の子よりも重い体重に、流石の私も「マズい……!」とダイエットのスイッチが入りました。

そこからは定番の”食事制限”から始めました。

まずは夜ご飯を抜く日を作る、それが始まりでした。

カロリー制限も同時に行なっており、糖質を過剰摂取していた私にはすぐ結果が現れました。

そして半年で約7kg減(53kg→46kg)になり、”ダイエット=食べない”と”勘違い”していた私は負のループに陥ることになります。

食べることへの恐怖、水分を摂ることへの恐怖が出始め、体重0.1kgの増加さえ怖くなっていったのです。

そして訪れたのは糖質への執着でした。

過食症、とまではいかないかもしれませんが、アイスを食べ始めると3本+ポテトチップス1袋+αを食べたり、お腹がはち切れそうになっても4人前のお肉をパックが空になるまで無理矢理食べることも出てきました。

そこで3kgほどリバウンドし、49kgくらいになりました。

それからも食事制限+ランニングで痩せる→リバウンドを何度か繰り返しながら、”食事管理”、”バランスよく食べる”という方法に行き着きました。

そこからは”タンパク質を意識”するようになり、体重も半年以上かけて41kg前後まで落とすことができたのです!

今現在はストレッチや食事制限ではなく”食事管理”でキープしています。

《今からできる食事管理法》

□タンパク質(肉・卵・魚・豆類・乳製品など)を積極的に摂る

□水分をたくさん摂る(1L以上)

□野菜・汁物→タンパク質→炭水化物の順で食べる

□座っている時、立っている時は背筋を伸ばす

□よく噛むことを意識する

□コロッケなどの、糖質×脂質の組み合わせはおかずと見なさない(主食のお米と同じ扱い)

⇒コロッケを食べるのなら、白米やパンなどの炭水化物はやめておく

※チキンカツなど、タンパク質メインの揚げ物なら、多少のお米はOK(ただし少なめに)

以上が私の意識していることです。

スイーツは高頻度で食べています(2日に1回)が、リバウンドもしていません。

“食べるからこそ痩せる”

まずは自分にできることを1つ、取り入れてみるといいかもしれません♪