最近のお肌の悩みについて

私の最近のお肌の悩み1つ目はシミです。頬のうえ左右ともにあります…。いつからあるのかは覚えてません。小さい頃、よく日焼けをしていたからなのかなと、今になって思います。マスクをしていても見えてしまう部分なのでとても気になります。それもあってここ数年は日焼け対策を心がけています。年中顔には必ず日焼け止めを使用しています。夏になると日傘も使用するようにしました。

セシュレルの効果

熱中症対策にもなるのでおすすめです!2つ目は肌のキメです。昨年末から友人の紹介でエステに通い始めたのですが、そちらでしていただいた肌年齢診断で散々な結果に(笑)肌のキメがほとんど無い状態でした…。エステに通うまでは正直そこまで気にしてはいなかったのですが、数値として出されてからは悩みへと変わりました。キメのある綺麗な肌になりたいものです…。3つ目はニキビです。こちらはエステに通い始めてからはマシにはなりました。

ですが、生活習慣や食生活の乱れもあってかなかなかニキビ無しの肌にはなりません…。最近は肌荒れがしてきたなと感じたら、パックを使用するよう心がけてます。そのおかげもあってか以前よりかはニキビの状態もマシです!生活習慣、食生活も見直せればいいのですが、なかなか出来ていないのが現状です(笑)

マスクによって増えるニキビ

最近は、コロナウイルスによって、マスクをする生活が当たり前になってきました。最初のころは、マスクを付けることで花粉症対策や、風邪予防につながるからいいなと思っていました。それに、マスクを付けることで肌の保湿効果もあるのでコロナ対策も含めて一石二鳥と甘く考えていました。でも、マスクを付け始めて顔に気になる症状が出始めました。

ネオちゅらびはだが届いた様子から解約方法まで完全レポート!効果と口コミを紹介します!

それは、マスクによるニキビです。私は、これを勝手にコロナニキビと呼んでいます。おそらく、マスクを付けることでマスク内の湿度が上がることでニキビができやすくなるんだと考えられます。でも、今は、こんなご時世もあるのでマスクなしの生活は難しいですよね。それに、マスクは常時つけているので一度できたコロナニキビはなかなか治りませんし、コロナニキビは増える一方です。

なので、つい最近マスクの種類を変えてみました。というのも、これまでは不織布の使い捨てマスクを使用していました。それを、最近は布マスクに変えました。すると効果は、数週間で現れ、みるみるコロナニキビの数は減っていきました。

どうやら、布マスクに変えたことでマスク内の湿度が下がり通気性がよくなったようです。あと、布マスクのほうが顔にフィットするので顔とマスクの擦れがなくなり、フェイスラインのコロンニキビもなくなりました。これから、マスク生活はしばらく続きそうなので、布マスクで乗り切りたいと思います。

ほくろだと思っていたのに、シミだった・・・。

お肌のお手入れはそんなに力を入れてこなかった40歳主婦です。自分でいうのもなんですが、いつも年齢よりは少し若く見られるので、今思えば。まわりからの「えー!すっぴんでも全然だいじょうぶだよ~!」とか、「肌、全然きれいじゃん!」という社交辞令を、完全に鵜呑みにしていました(笑)

http://www.stoptovalloletesalvater.com/

出産して退職してからは、子供もいるし外に働きに行っているわけじゃないから、今までのようないい化粧品は使えるわけでもなく、プチプラコスメで最低限のお手入れだけで済ませていました。そして、日中は日焼け止めなどわざわざ塗るわけでもなく、子供たちを公園で追いかけまわし気持ちいいぐらい太陽の日差しをたっぷり浴びて過ごしてきた子育て全盛期。シミなんて、おばあちゃんになればみんなあるだろうし、生きてきた証よ!なんて、あほなことを言っていた私。数年後、ショックで鏡の前で叫ぶことになると、教えてあげたい(笑)

ええ、そしてその数年後というのが今の私。少しずつ子供たちの手が離れ、自分の時間が取れるようになり、鏡で見る自分の顔に。。。ん?こんなところにほくろなんてあったっけ?しかも頬骨の上あたりばかり。もしかして、これってほくろじゃないの~~~!!!しーみーなーのぉ~~~~~!!!!
そりゃあ、これだけ自由奔放に肌を野放しにしてきたので、年相応にぼろがでてきて当然ですよね!いや~本当に叫びました(笑)

あの頃の私、せめて日焼け止めを塗っていれば、、、化粧水保湿美容液、これ一本で全部できるタイプですら、なぜ使わなかった、、、。後悔の日々です。
女は40から!とよくききます。まだ自分の肌の回復力を信じて、手をかけていこうと思います。

30代後半から肌が衰えてきた

私は現在40代前半です。若いときには肌にハリがありみずみずしい肌でしたが、30代後半ごろから肌が衰えを感じるようになりました。肌が乾燥するようになり、化粧水や美容液をたっぷり使用してもすぐに肌が乾いてしまいます。

シロジャムの悪い口コミを徹底検証!効果なしで効かないという悪評は本当?

そして肌が乾燥していることで小ジワができやすくなりました。笑うと特に子ジワが目立ってしまうので、人前で笑うときに気になってしまいます。そしてシワがどんどん深くなってきて、法令線の溝が気になりだしました。肌の老化で気になる事はシワだけではありません。30代後半からそばかすが増えだし、シミが気になるようになりました。

はじめは薄くて小さなシミでしたが、年々シミが大きくなってきて色も濃くなってきてしまったのです。何とかシミを改善したくて、ビタミンCの入った化粧品を使ってみたり、サプリメントなどを数多く飲んでみましたが全く効果を感じることができませんでした。若い時に日焼け止めをあまり塗らなかったことで、今シミがたくさんできているのだと思います。

現在はしっかり日焼け止めをして帽子や日傘を活用していますが、できてしまったシミは消すことができません。なので若いうちからしっかりと紫外線の対策をすることが大切だと思いました。

ニキビが本当に怖いんです

ニキビが怖いなぁと思ってます。
ついつい、顔にとっかかりがあるとそこを掻いてしまう癖がありますのでそれでそこから大きく広がってしまうということがあるので怖いんです。

http://www.speed-fp7.org/

もともとそれほどニキビが出やすいタイプではないので、極端にそうしたことで悩むこともないのですが時々寝不足とかビタミンが足りていないのか、そんな時にはまず私がする対策は最初は素直におとなしくすることです。なんとか自己回復能力みたいので何とかなるんかなと思ってやってるわけです。洗顔も少し丁寧にする程度には気をつけるようにしますが、触るとピクッとして痛いのであんまり好ましい感じではないです。

ニキビとの付き合いがそんなに長いわけではないです。その為、正しいやり方とかそんなことができないのです。とりあえずビタミンが不足していると肌の回復力も減ってしまうと聞いたことがあるのでチョコラBBを見たいのを食べるようにしています。みかんとかでもいいのでとにかくジュースでもなんでもビタミンが豊富そうなものを補充してビタミンの補給をしてますね。

実際、どうなんでしょうかね。素直に薬を塗った方がいい感じもしますが、あんまり肌に薬を塗るというのが好きではないので控えています。

鼻・頬の毛穴が目立つ…

20代前半の頃には全く気にしていませんでしたが、20代後半~30代と年を重ねるにつれ、だんだんと毛穴の広がりが気になるようになってきました。

「毛穴に効く」と謳われる化粧水、美容液を様々使ってみましたが、目に見える効果はなく…数年前から美容皮膚科に通い、1~2か月に1回のペースでレーザー、ダーマペン、ケミカルピーリングなどの毛穴治療の施術を受けるようになりました。施術を受けてしばらくは「多少は目立たなくなったかな?」と改善したように見えますが、やはり1か月後くらいには元通り、ファンデーションを塗っても毛穴に落ち込んで目立ってしまうように。

レナセルクリアセラムの効果を暴露!話題の美容液を購入して使用した口コミ体験談!

基本に立ち戻って身体の内側から考えてみよう思い、ビタミンC、Bなど肌の状態に係わるサプリメントを摂るようにしたところ、少しずつではありますが頬の毛穴目立ちがマシになってきたように感じます。

本当は普段の食事から見直したほうがより効果的なのでしょうが、仕事が忙しくなかなかバランスの良い食事を作ることが難しく、今のところはひとまずサプリメントに頼っています。

基礎化粧品、美容皮膚科と総額で考えるとかなりの金額を毛穴対策に使ってきましたが、結局はバランスの良い食事で必要なビタミン、栄養素を摂ることが肌にとって一番だと体感しました。(個人的な感想です。)

フォトフェイシャルおすすめです!

3月に入り日増しに春らしくなって来ました。じわじわと暖かくなってきましたが、乾燥はまだまだ油断ならないです。肌はパリパリ、目もしょぼしょぼ、50代の身体には辛い日々が続きます。こんなわたしにも肌がピチピチな時代もありましたけど、その黄金時代の過ごし方が良くなかったのかなぁ、と最近思います。

ビューティークレンジングバーム(oz)効果

わたしが幼少期の頃なんて、ただ無邪気に海水浴に行って一日中太陽の光を浴びていましたし、子供が生まれた時は日焼け対策もせずじりじりとした太陽の下、子供を見守っていました。そんな日々もずっとは続きません。30代半ば頃から、しみ・そばかすが群れをなして襲ってきました。しまいには、60代の母に「あんたの肌、気持ち悪い」と言われてしまう始末。もう最悪です。

そんな肌人生の暗黒期に突入したわたしに、一筋の光をさしてくれたのはフォトフェイシャルでした!友人と長期旅行でタイを訪れた時、日本とは比較できないほど安価で提供されているフォトフェイシャルに出会いました。「ほんとにこれで肌がきれいになるの?」半信半疑で通い始めたわたしでしたが、1週間後鏡を見てびっくり!しみ・そばかすが肌から浮き上がってきて、ぽろぽろと剥がれ落ちはじめたんです。フォトフェイシャルには感謝しかありません!

濃いシミが全然消えない

最近マスク生活が始まってから、繰り返し同じ場所に大きなニキビができるようになりました。とくにあごの下には、ニキビが治ってからもニキビあとの黒いシミがほつり。なんとか綺麗にしたいと高い美白のコスメを買って塗っていますが、イマイチ薄くなりません。

シロジャム(Sirojam)の効果と私の口コミ!市販の実店舗では購入可能?

さらにシミに効くサプリメントも購入して飲んでいますが、イマイチ効果は感じられませんね。さらにシミ用の専用パッチを買って、寝るときにシミに貼って寝ていました。それも一箱使い切ったもののさっぱりシミは消えませんでした。今はマスクで隠れているからシミが目立たないですが、コロナが落ち着いてマスクがいらなくなったら目立つんじゃないかと心配です。ファンデーションとコンシーラーでカバーしてごまかすのが大変そうです。

それでレーザーでシミを消してもらうのが手っ取り早いと、いろいろなクリニックをスマホで検索しているところです。でも値段が高いので、なかなか電話できずにいます。40代を過ぎると、吹き出物やシミ、シワなど色々とトラブルが増えてくるし、一度できてしまうと全然よくなりません。若い頃はフルーツを食べてたっぷり睡眠をとれば、すぐにお肌もプルプルに戻りましたけど、加齢とは悲しいものですね。

ほうれい線が気になっています

30代を過ぎたあたりから、ほうれい線が気になり始めました。
ラントゥルースを使用した私の口コミ!人気美容液の使い方や実際の効果などをこっそり報告…!

もともと肌質が柔らかく薄いので、たるみやすい肌質です。

また、出産を経て、体重の増減があったので、皮膚が伸びてたるみやすくなっていました。

産後の10㎏ダイエットに成功しましたが、その分、伸びた肌が戻らず、ブルドッグのようなマリオネットラインができてしまいました。

現在、ケアとしては、リフトアップに特化した美容液を使う、寝る前にパックを行う、

うつぶせで寝ない、食事をする際片方ばかりで噛まないようにする、

フェイスマッサージを行う(あまり強い力を入れて引っ張ることはせず、ハリをもたせるようにマッサージを行っています。)

舌を回したり上あごに付けたりして、頬周りの筋肉をつける、小顔ローラーでマッサージ、下を向かない、

コラーゲン、ビタミンの多く入っている食品を摂取するようにする、

ふとした瞬間に口をあけっぱなしにせず、舌の位置を正しい場所に置き鼻呼吸を行う、等を行っています。

今気になっていることは、美容鍼、フォトフェイシャル、コルギ、コラーゲンやヒアルロン酸注入、です。

年齢に負けない肌を作り、いつまでも若々しくハリのあるみずみずしい肌を保っていきたいです。

温活は色んな効果が期待できる活動

温活とは何か?体を温めて免疫力を上げる事です。体温の平均は34度になります。どんな人でも体温が1度下がると免疫力は3%低下し基礎代謝は約12%低下、体内酵素の動きも50%低下してしまします。

これらが低下すると病気にかかりやすくなったり太りやすくなり痩せにくい、消化能力が低下、エネルギー生産力も低下など起きやすい事があります。

なので、体温を維持する事は大切な事なのです。

この活動をする事により冷え性や血行改善、肩こり腰痛などに効果があります。

どんな事をしたら温活になるのか?

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト

体温が低くならないように維持しているのは筋肉のお蔭です。筋肉が熱を作り出す為に筋肉で60%も使っています。

筋肉を作り出すのに必要な事は、新陳代謝と貧血にならない事です。

血行をよくするビタミンEや新陳代謝を助けるビタミンB群、貧血を助けてる鉄分のアミノ酸を摂取すると良いです。

ビタミンEは、ピーナッツ類、ヒマワリの種などの種子類が代表的です。

ビタミンB群は、豚肉、貝類が代表的です。大豆やカツオなどの魚類、卵、鶏肉が代表的です。

熱は特に手や足までいき渡りませんなので、手や足を温めるのも1つの療法です。体温を温めるたり冷え性を治すのに「生姜」が良いと良く聞きます。

体を温めるだけではなく血行促進作用もあります。

温活に適しているサプリや漢方もありますのでサプリや漢方を使った療法も良いと思います。

次は、人間に必要な物は気・血・水が大切です、気は気功の事。

ストレスなどで気が滞っていたら血の巡りが悪くなって血行が悪くなります。気が滞っていたら朝鮮人参や漢方を飲んで気を巡らせていきましょう。

血が足りない時は、アミノ酸や田七人参、漢方薬などで補って綺麗な血液を作りましょう。

水は代謝が悪くなる場合は、冷たい飲み物では無く体温よりも高い飲み物を飲むと良いでしょう。

頭痛の症状が軽くなったり、肩こりが楽になった。ぐっすり眠れるようになった。疲れが残らなくなったなど様々な効果が期待できます。

最後に、「生姜」が良いと言いましたが、作り置き生姜のレシピを紹介します。

まずは、生姜を薄く切ります。切った生姜を干します。天日であれば1日。室内であれば1週間干します。それで完成です。

この完成した乾燥生姜は、料理やお茶の中に入れて生姜が入った料理や生姜茶などを作る事が出来ます。なので、乾燥生姜は作っておくと良いです。

30代子育てママのお肌

こんにちは。
30代半ば、小学3年生・5歳保育園児・現在妊娠中の3児のママになる者です。

http://creatingperspectives.org/

お肌に関しては、20歳までは全く化粧もせず、スキンケアも程々、外で動き回るのに日焼け対策も全くしてこなかったようなズボラ女子でした。
21歳で販売職に転職してから、初めてまともな化粧をするようになり、スキンケアも少し意識するように…。

その時の職場の先輩に「お肌のお手入れはしっかり20代のうちにしておかないと後々後悔するよ!」と言われはっと気が付いたのが23歳頃の私でした。
25歳で1人目、28歳で2人目を出産し子育てに追われる中、ふと鏡を見ると、目の下のクマ・目じりの小じわ・毛穴の汚れ…まあとにかく酷い状態で…。
私的には、販売職の時に言われてからは、お手入れはしっかりしていたのにという感じでした。

それからは、良いと言われるスキンケアをし日焼け対策をして前よりかは良くなったかなと感じています。
ただ、やっぱりサボっていた分のつけで、ちょっとしたシミや小じわ毛穴の汚れがまだまだ気になります…。

今は2人の子供はある程度自分で身の回りの事が出来るようになったので、時間的に余裕がある今、3人目が生まれるまでに少しでも状態を良く保てるように、色々試してケアしていこうとお肌と毎日向き合っています。
3人目が生まれても、イキイキとした綺麗なママでいられるようにお肌ケア頑張ります!

混合肌の悩み

母が持っているあぶらとり紙を使っても、全く油が付かなかった小さい頃。

母からも「あんたたちがやってもなんも意味ないからもったいないよ〜」とよく言われながらも、楽しくてやってました。

ポラッシュの口コミと効果を暴露!最安値で購入できる通販サイトも紹介します!

それがいつしかあぶらとり紙にしっかり油が吸収されるようになりました。

特にTゾーンです。

私は、世間一般的に言われる「混合肌」なので、Tゾーンは基本すぐテカったり、ぬめりが出てきたりします。

それに比べて、頬は少しでも化粧水を塗らないとすぐカサカサになったり、、、

10代の頃は、薬局に売っているピーリングなどを使っていましたが、のちのちあまり肌に良くないというのを聞いて使うのを辞めました。

洗顔料も、混合肌やオイリー肌の人にとってはしっかり油分を取ってくれる洗顔料の方がいいような気がしますが、油分をごっそり取る洗顔料を使っていると逆に油分不足だと思って余計に油分が出てくるようになるそうです。

基本的な基礎化粧品で言えば、化粧水→美容液→乳液→クリーム(さらにアイクリームなども)使うのが理想的らしいですが、金銭的な面や肌がベトベトするのが苦手でなかなか踏み込めず、24歳になった今でも基本的には化粧水のみで終わらせてしまいます。

自分に合ったオリジナルの化粧品があればいいのに、とよく思います。

ズボラは後悔します。

今、私の肌の最大の悩みは、左頬上の薄茶色に光るシミ。ビューティーオープナージェルは評判以上!

いつも鏡を見るだび、このシミさえなければ なかなかの美肌顔なんだけどな~と。

シミが出来た原因として、UVつまり紫外線ケアを怠ったことが原因。

私は普段から体を動かす事が好きで トレッキング、ロードバイク、ジョギング、

キャンプとアウトドア 外にいる事が多く、

日光、紫外線は気をつけていたつもりでした。

が、面倒臭がりの性格が出てしまい UVケアクリームやファンデーションを一度

塗っただけで 汗で流れて取れようが放置したため、それが積み重なって、今や私の

トレードマークのようなシミが出来てしまいました。

その後も 出来てしまったシミをケアする事なく放置。

次第に微量ずつに大きくなってしまいました。

完全に自らのズボラ加減と あとの祭り状態です。

友人たちから言わせると そんなに気にするほどのシミではない、と言われますが

本人はとても気にしてます。

レザー治療やコスパ高のシミ取り美容薬など色々、実際検討しました。

が、やっぱそこまでお金は払いたくない。が正直な心情です。

今は、コスパ満足めの基礎化粧液、2種類の美白液を 朝、夜と根気よく使っているうちに 不思議とすこしずつ薄く効果が出てるようなので 継続して頑張りたいです。

マスクで余計に荒れる肌

コロナ禍の中生活に欠かせなくなったマスク。肌を保護する役割があって肌トラブルに悩む人には最高じゃん!と思っている人。。。。不正解です。私は乾燥肌とこの時期花粉にやられ、肌の保護膜がボロボロになります。

http://redfarm.jp/

マスクも使いマスクだと肌との摩擦により刺激を直に受けてしまい乾燥の悪化、更には赤みと最悪な状態になります。冬はどこに行っても暖房がかかっている為、危険がいっぱいです。少しの水分補給でマスクを外した際に一気に乾燥するとの事で、とにかく保湿が欠かせません。
会社で働いていると思った時にすぐに保湿ができない為、とにかく乾燥対策をいかにするかいつするかに勝負をかけています。

トイレに行った際、休憩に入る前などのタイミングでメイクの上からでも吹きかけられるスプレータイプの化粧水をつけたりしています。肌の状態があまりにも悪い時にはファンデーションをお休みし、 B Bクリームやおしろいだけつけて出勤したりもしています。肌に優しいなどのキャッチコピーの商品などはお試しで一度使ってみたりしています。口コミなどもチェックしていますが、やはり一度使ってみないと自分の肌に合うかわからないので荒れる覚悟で色々と試したりしています。

日々乾燥との戦いですが、負けずに立ち向かっていきたいと思います。

大人ニキビとほうれい線との戦い

若いころのお肌の悩みはニキビだけでした。ですが、現在30代の私。今ではニキビが「大人ニキビ」へグレードアップし、それに合わせて加齢による「ほうれい線」との戦いも勃発してしまいました。まず、「大人ニキビ」は若いころのニキビと比べて面倒くさいという事が分かりました。

メリフバームクレンズの評価!

今までは、ニキビが出来てもチョコラBB等のドラッグストアで販売している薬を服用すれば数日で完治していましたが、大人ニキビはそれだけでは完治しなくなりました。その為、皮膚科で薬を処方してもらったり、ニキビ専用の化粧品を使用する等金銭面でかなり痛い思いをしています。

そして「ほうれい線」も、化粧をし何時間後かに鏡をチェックするとくっきりとほうれい線が主張しております。その場合は、ファンデーションで馴染ませたりして誤魔化していますが、もし鏡でチェックせずに過ごしているとなるとほうれい線がハッキリと分かる状態で人と会っていることになります。それがあまりにも苦痛でした。

しかし、改めて年齢にあった基礎化粧品とスキンケアの見直しをした結果、だいぶ改善されたと思っております。その見直しというのが、「保湿」に重点を置いたものです。やはり、年齢を重ねるにつれ乾燥が大敵となってきます。肌が常に清潔で潤っている状態だと大人ニキビとほうれい線が出にくい肌質になったと実感しております。今後も、保湿及び年齢に合わせた正しいスキンケアで肌トラブルを乗り切りたいと思います。

肌にいいもの探したい

肌の悩みは、と聞かれるとありすぎて「これ!」と言えることが少ないんですが、ごまかせないのは毛穴かなと思うんです。
保湿がいい。けれど、肌質によっては保湿し過ぎてもいけない。
って結局どうすりゃいいの……となることがよくあるんですよね。

ヴィオテラスCセラムはどの通販が最安値?購入して3ヶ月使用した口コミ評価と効果を紹介!

最近はやっぱり乾燥が敵っぽいなとかやっとわかってきて化粧水を多めに使ったりはしてますが、やっぱり毛穴なくなった!なんて思うことは無いし……果たして肌にいいものとは何なのかと悩む日々。
高級なものがいいわけでもなく、人気のあるものを使ってみてもいまいち効果が実感できず。私と同じ悩みの人って少なくはないですよね?いますよね?
やっぱり結論は自分に合うものなのかなぁと。

身近にいる肌の綺麗な年上の女性の肌のお手入れの秘訣がシンプルに、無添加なものを、なんて聞いたとこがあるんですが、そんな化粧水を探すのも簡単じゃなくて。
1番効果があったのはお金をかけたエステでしたが、それも一瞬。お金も有限だし通うのも大変だし、やっぱり簡単に安く家で継続できる、っていうのが絶対条件。
まあそのための手入れ方法を探すのが1番の難関なわけですが……。

誰か私に合う手入れ方法探して欲しいなぁなんてため息つきたくなってしまいます。
一体いつまで試行錯誤しなきゃいけないのかなぁ、とか思うとさらにストレスで肌荒れもするし。女性の永遠の悩みですよねぇ。

ニキビが出来る原因とケアと対策

昔から法令線の上と顎のあたりにニキビができやすい体質です。http://www.precirieg.net/

ニキビや肌荒れをするとすぐに調べて原因を突き止めるところから始めます。

顎に出来るニキビは生理前に出来ることが多いので、ホルモンバランスの影響であるということが分かりました。

ただ法令線上に出来るニキビの根本的な原因は、調べただけでは分かりませんでした。

大人になってから出来る外からのケアは、皮脂を取り除くケアよりも優しく洗顔をすることといつも以上に優しくスキンケアをしてしっかり保湿することが大切だと聞いたことがあります。

出来るだけ肌に負担がかからないように、あまり栄養を与えすぎずシンプルなスキンケアをするように心がけています。

ホルモンの影響で出来るニキビに関しては、毎月必ずと言っていいほど出来てしまうのであまり気にしすぎないということも大事なポイントだと思います。

そうして、体の内側からのケアも外側からのケア以上に普段から大切だと思います。

普段からビタミンや水分などをたくさん取るようにして、睡眠時間もたくさん取るようにしました。

これだけでも、ニキビが出来た時の治り方がだいぶ早まった気がします。

改めて、外側からのケアのみでなく内側からの日々のケアの大切さを実感しました。

まだまだこれからも、自分に合った普段からの美肌ルーティンを模索中です。

ニキビに悩む乙女は戦う!

19歳、女。私の顔には年中ニキビちゃんが存在します。

中学生の頃からポツポツと真っ赤なニキビ、時には白ニキビかできては消え、消えてはできる。特に中学生の頃は恥ずかしくてずっとマスクを着用し続け、そしてマスクの蒸れでニキビが増え続けるという悲惨な状態でした。「なんで周りの子は肌が綺麗なのに…。家族みんなは肌が綺麗だから遺伝は関係なさそうなのに何故私だけ…」ずっと悩んでいます。中学生や高校生の頃は、鏡を見るたびに自信をなくし、泣くこともありました。

ビハキュアを使う効果!

スキンケアには力を入れているつもりで、値段が高いものや、ノンコメドジェニックのものを使用してみたり、また皮膚科に行ったこともあります。大きなニキビは出来にくくなってきたものの、小さなニキビやニキビ痕が消えません。

肌が綺麗な人の真似をしようと思い、友人たちにどんなケアをしているのか聞いてみたところ、特に気にしてスキンケアしていないと言われました。化粧水だけという人もいるくらい、みんな凄くシンプルなケアだけでした。私自身、化粧水や美容液、保湿クリーム、パックなど肌に重ねすぎていたので、化粧水と保湿クリームだけというようなシンプルなスキンケアは、肌が本来持っている再生能力を活かすのに適しているのかなと思います。今後は肌が乾燥しない程度に、シンプルにしてみようと思います。

また、ストレスばかり感じていても、肌にも影響って出そうですよね。ストレスフリーな生活を目指しつつ、自分自身を大切にしていきましょうね。ニキビという大敵が存在する限り、自信を持つことが難しいかもしれませんが、私はニキビに絶対勝って赤ちゃんの頃のような綺麗な肌を取り戻します!肌に悩んでいる方たちも、負けずに一緒にケアを頑張りましょうね!

30代にはもう遅い?20代男性からのお肌ケア

30代も後半になるとよくあるのが、鏡で自分の顔をみると「あれ?こんなところにシミなんてあったっけ?」とか「笑いシワがとれないな…違う!これシワじゃん!」ってことがよくあります。

http://velikirat.com/

多くの男性はそこから始めるのですが、私のアドバイスとしては20代前半から、簡単でいいので、お肌のケアをしておくことです。
これは私の経験でもありますが、私は他の男性より若く見られます。それは肌だと思います。肌きれいですねと何回か言われたことがあります。それぐらい肌のケアって大切なんです。

やることは簡単です。まずはドラッグストアに走りましょう!一番安い化粧水、乳液、クリームを購入しましょう。そして洗顔はなんでもいいですが、泡立てるためのネットを必ず購入しましょう。
そして必ず泡立てて、ゴシゴシ洗うのではなく、肌をなでるように洗い、ぬるま湯で洗い流します。

その後、化粧水、乳液、クリームを塗ればOです。
これだけで、何年か後に確実に差がでます。男性は多少のシワやシミは貫禄になりますが、あまりに多いと老けて見られてしまいます。
朝と夜だけでもいいので、ぜひお肌のケアをやってみましょう。マイナス5歳は確実に若く見られます。それだけでも若い女性からもモテるかも?