紫外線対策について。ご参加までに。

だんだん暑くなってきて、美の大敵である紫外線も強くなってきましたね。http://soozfactory.com/

毎年一生懸命紫外線対策をしていても、年々増えるシミやシワ…

お肌のトーンもくすみ、鏡を見るたびにテンションが下がる方が多くいらっしゃいます。

これ以上お肌のダメージを増やさない為にも、とくにこの時期は日焼け止めが必須ですよね!

皆さんは日焼け止めを選ぶ際、どのような基準で選んでいますか?

私は現在美容部員の仕事をしており、お客様からよく「SPF50あったら焼けないわよね?」というお言葉をお聞きします。

確かに紫外線を防止する効果が高いことには変わらないのですが…しかし、そこに大きな落とし穴がある事に皆さんお気づきでいらっしゃらないのです。

そもそもSPFとはどのような意味かご存知でしょうか?

SPFとは夏特有の肌を火傷のようにヒリヒリさせる、黒化を起こす紫外線UVBをどれくらい防止できるかという数値です。

SPF 1をUVBを20分防止できるとしたら、SPF 50は20×50÷60分=約17時間カット出来るという事になります。

しかし、汗や皮脂の分泌も多いこの時期。せっかくSPF50の日焼け止めをつけていても汗や皮脂で取れてしまうと、取れてしまったところから紫外線がお肌に入りダメージを受けてしまうのです。

解決法としては顔以外の部分はこまめに塗り直す事。そしてお顔はこまめなお直しが重要です。

そしてお出かけ前にベースメイクをする際はミルフィーユのように層を重ねてあげると紫外線防御力が高まります。

朝にスキンケア→日焼け止め→メイクアップベース→コンシーラー部分使い→密着力の高いリキッドファンデーション→粒子の細かいルースパウダー→スプレータイプのメイクアップフィックスをひと吹きでお出かけし、出先のお直しでパウダーファンデーションを使うと長時間きれいにベースメイクをキープ出来ますし、紫外線対策の観点からも効果的です。