おとなニキビに苦しんだ私の解決策

私は新卒時代の22歳あたりからおとなニキビというものに非常に苦しめられました。原因はただひとつ。新卒で入社した会社でのストレスが原因です。

今までニキビとは無縁の生活を送っていた私にはとてもショックな出来事でした。ヴィオテラスCセラム

私のニキビは赤いニキビで化粧でも隠せず、肌の内側で炎症を起こし続けている状態でした。

頬に集中してできたニキビは毎日化粧をするときに鏡でみることになり、

そのたびに失望と、このニキビは消えないのではないだろうかという恐怖が襲ってきました。

すぐに治まるだろうと思い込んでいました。思春期の時にできるニキビだと思っていたんですよね。

そんなニキビは治まることもなく、仕事でのストレスも爆発し、退社しました。

この頃から、とにかく肌の治安を良くしたい!とGoogle先生と睨めっこの日々。

「赤い ニキビ 原因」「ニキビ 消す方法」「ニキビ 薬」等々。こんなことをとにかく検索しまくっていました。

自分でできることはやりつくしてきました。まずは皮膚科に行き、処方薬をもらうこと。

それでも治らず、ドラッグストアでSNSでおすすめの薬を買ったり、スキンケア商品を買って試しては変えるを繰り返していました。

辛抱が足らず、焦っていろんなものを試していました。

肌の状況が良くなってきたのは、質のいいファンデーションに変えたこと、スキンケアを弱酸性、とにかくシンプルなものに変えてからです。

そして、皮膚科から処方された薬を塗り続けました。赤いニキビのボコボコした感じはなくなり、肌の凹凸がなくなってきました。

ニキビ跡はファンデーションで隠せるほどになってきてからは心も健康になってきました。

仕事もストレスの少ない業務に変わり、肌と心の健康状態は繋がっているなあと感じました。

今では薬、スキンケア、化粧品をあまり変えずに使い続けることで肌への負担を減らしながら、ニキビ跡を消しています。

こんなことを続けていること2年弱は経ちました。諦めずに根気よく向き合ってきて良かったと今では思っています。

ニキビなんてどこにあったの?と言われるようなツルツルお肌を目指して自分に合ったやり方で努力を続けていこうと思います。