【衝撃】地毛が茶色いことによるデメリット

私は地毛が茶色い。
それはそれはきれいな茶色をしている。
たとえるならばアーノルド・シュワルツェネッガーのような髪色だ。
この髪の色をほめてくれる人は多いが、苦い思い出も実はある。

http://becomeaplantbasedbabe.com/

今から10年以上前、私が高校生だったころの話だ。
私の高校は比較的校則もゆるく、そこそこ自由な校風だった。
その日は入学後初めての生徒指導週間が始まる朝だった。

「何もないだろう」
そう思い、校門を潜り抜けた瞬間、ヤツが近づいてきた。

高校の最大戦力「水泳部ガチムチ最強生徒顧問」だ。
ヤツは私の前に立ちはだかり、こういった。
「お前染めてるだろう!!!!!!職員室に来い!!!!!!!!」

衝撃が走った。
中学でもスルーされてきたこの髪色を、親から譲り受けたこの髪色を。
たったのツーセンテンスで全否定されたのだ。

職員室に連行された私はヤツに詰問される。
「染めてるんだろう?」「なんで染めているんだ?」

私「染めていません。地毛です。」

ヤツ「ふざけるな!地毛なわけがないだろう!!」

私「本当なんです!信じてください」
必死に弁明するが信じてもらえない。
地毛が茶色であるというだけで、20分くらいの無駄な押し問答が続いた。

結局、私は髪を黒色に染めざるを得なくなった。
いや、おかしいでしょ普通に考えて。
校則ゆるゆるなのになんで髪だけ厳しいねん。

始めて髪を黒く染めた日、私は人知れず涙を流した。

髪色は個性だ。だれしも自分が気に入る、あるいは生まれつきの髪色を否定されていいはずがないと思う。