初夏に食べたい!熱くても冷たくても美味しい食べ物

貴方は初夏になると熱い食べ物と冷たい食べ物、どちらを食べる事が多いですか?

実は初夏になる熱くても冷たくても美味しくなる食べ物があります。

まず初めに、熱くても冷たくても美味しく、初夏になるとさらに美味しさが増す食べ物と言えば魚です。あじやかつおなどが初夏になると美味しくなり、刺身やたたき、フライが美味しく、一番はあじのなめろうをごはんの上に乗せて、かつおのたたきと一緒に食べる組み合わせが最高に美味しいです。他にも初夏になると美味しくなる食べ物があります。

なめろうは聞いたことがあると思いますが、一体どんな食べ物なのかご紹介します。

なめろうとは、千葉県の房総半島が発祥の郷土料理です。アジの叩きの一種で、船の上で獲ったばかりの魚を調理することが始まりです。現在は、千葉県に限らず広い地域の家庭や居酒屋で販売されています。

他に好きな食べ物は「ウニ」です。これが非常に美味しく、一度は絶対に食べた方がいいです。日本は世界で一番ウニを消費している国です。ウニはビタミンAが豊富に含まれていますので、肌の症状で悩んでいる方には、お勧めします。

焼きうにやうに丼など、焼いて食べても生で食べても美味しいです。どんな時でも美味しいウニですが、特に初夏の今に食べた方がとっても美味しく、ウニ茶漬けが絶品でお勧めです。

初夏に食べたい!熱くても冷たくても美味しい食べ物をご紹介しましたがいかがでしたか?どれも初夏になるとすごく美味しくなるので、貴方も美味しい物を食べにどこかへ行ってみませんか?楽しい初夏の始まりです。